タイトル


 

最近のスレ、質問

  • 生活水の手配
  • ハイアール・・・
  • 現地での食事
  • 中国に留学

過去の人気Blog記事
TOP 中華思想の正体
2位ザ・チャイナリスク
3位なぜ中国人は世界・・・
4位腐敗と信用と
5位リスクだらけの時代?
5位中国の戦争力 (後)
   
Blog記事一覧へ

書籍の紹介

自分が読んできた本の紹介です。






特にお勧めな本はレビューや感想を書きます。リスト作成がほぼ終わりました。



中国政府にできること、できないこと

強大な権力を持つ中国共産党。
彼らはしばしばその権力によって、中国をどこまでもけん引できるかのように見られることもある。
実際、その権力によって行えることは多い。しかし、当然のことだが権力があれば何でも変えられるというわけではない。

独裁権力によって中国の何をコントロールでき、何をコントロールできないのか、それをはっきりさせよう。
それによって、中国の今後を見通すことができるだろう。




中国社会にはびこる環境問題とリスク

鳥インフルエンザや大気汚染など、チャイナリスクが更に大きく取り上げられるようになっている。
現地の感覚になじんだ人々(もちろん管理人も)にとって、実はこうしたリスクはあまり驚くようなことではない。
多くの中国人は、鳥インフルなど大したことではないと思っているから、ほとんど警戒していない。
それは彼らが情弱だからという理由もあるが、中国人にとっては、自分の半径5m以内にインフルで苦しんでいる人がいない限り、
あまりにも「遠い話」であり「漠然としたリスク」でしかないからだ。




中国と北朝鮮の関係とは?

管理人が朝鮮半島には明るくない(あまり興味がない)ということもあって、普段は触れていないが、
北朝鮮がコリアン・ルーレットによる危険な遊びを行う中、中国と北朝鮮の関係を取り上げてみよう。
 公式的には中国と北朝鮮は同盟国である。経済援助はもちろん、軍事的にもミサイル発射車両の輸出など支援もしている。
また、中国軍部の一部などは、北朝鮮の鉱山開発権を取得しているし、漁業権を譲り受けたりもしており、経済植民地化が進んでいる。




当サイト管理人の初めての著書です。

写真館

浙江省   台湾夜市

市場 漢方
   
実家の近く  茨城百里基地 横須賀海軍クルーズ  横須賀三笠記念館 写真一覧へ


『1984年』ジョージ・オーウェル
評価:★★★★★
ユートピアの反意語であるディストピアを描いた有名な小説。究極の全体主義体制が支配する社会の物語であり、人間性が徹底的に否定され、その先にある未来はニュースピークの普及により、もはや反乱どころか反論を考える事すら全く不可能になる


neko3nookageアットマークyahoo.co.jp アットマークを@に変えて送ってください。
Copyright (C) 2014 パンダでも分かる!中国政治 All Rights Reserved.
当サイトはリンク自由です。好きなように貼ってください。

Since 2004.06.17